昭和初期の竣工より、数々の歴史を刻んできた筥崎宮儀式殿。建築の風合いをそのままに照明器具の改修をおこなった。 経年の味があり文化的価値のある既存ペンダントは吊り金具など劣化が見られる箇所の補修にとどめ LED電球に変更。間接照明やダウンライトも放熱と省エネルギーを考慮してLEDを採用した。 屋内の配線ケーブルが古く、リスク回避のため併せてケーブル入れ替え工事を行った。 歴史のある建築のイメージを損なうことなく最新の照明の利点を生かせたと思う。

工事内容

・既存ペンダント修理
・特注ダウンライト入替工事
・床の間 間接照明新設工事
・照明用配線ケーブル入替工事

<協力>

120607e2a68de88b7b8eae8fea8fc696be8cv89e6-1.png 120607e2a68de88b7b8eae8fea8fc696be8cv89e6-2.png







平成24年9月 施工

HOME > 筥崎宮儀式殿